« 3-2 三本榎の人々 | トップページ | 1-4 書きたいことのテーマ »

2016年12月 8日 (木)

3-3 草食系男子

  

                     草食系男子 

 

靖男は年前から実家を離れ、隣町のアパートで一人暮らしをしている。幸い福祉の相談業務の仕事は安定し、お金に困るわけでもない。料理もそれなりにできる。

しかし、三十八歳にもなって女性に恵まれない自分を情けないと思う。父母からは、「一人息子のお前が結婚しないと家系が成り立たない。孫も早く見たい」と責めたてられる。最近は女性を嫌いなのではないかと疑われている。

実のところ何度も女性との交際をめざして、彼なりに対策を立てて実行してきた。職場では何人かにアプローチしてきたし、上司も紹介してくれたこともあった。数年前からは合コンにも参加している。

だが、ことごとく失敗に終わっている。彼が相手を希望しても、相手が最後まで彼を好んでくれない。それでも合コンは続けている。最近は女性から興味さえ持たれなく、彼自身も積極的になれる女性は、一向に現れなくなってしまった。しかし、なんとか四十歳までには結婚したいと思う。焦れば焦るほど女性に対する関心は、薄れるどころか深まるばかりであった。

ところがそんな状況が変わりだした。靖男はある土曜の午後、行きつけの図書館の閲覧室で本を読んでいた。座席は次第にふさがってきたが、隣の席は空いていた。

「ここ空いていますか」と後ろから女性の声が聞こえて来た。

振り向いて靖男はありきたりに、

「ええ、空いていますよ」と答えた。

その時、彼は彼女から二度の視線を受けた。最初は凝らした視線、二度目は会釈を添えての微笑んだ視線。彼はその視線に魅せられ心臓が高鳴って来た。「もしかして、自分に関心を持ってくれるかもしれない」とさえ思い始めた。

靖男は隣に座った女性に気付かれないよう、さりげなく女性を観察しだした。このため読んでいた小説は一向に頭に入らなくなった。

週間後、同じ時刻に閲覧室の席に座ってそれとなく彼女を待った。すると彼女がやって来て、靖男のテーブルの前に座り向き合った。互いに目があって会釈した。彼女の笑顔と視線は一週間前と変わらない魅力を発した。

その後、何度か館内で見かけ、どちらともなく話しかけては会話を楽しむことができた。閲覧室では話ができないので、いつしか入り口近くのソファーが指定席になってきた。

彼女の名前は雪子と言い、偶然にも靖男と同じ福祉関係の仕事で話しが弾んだ。彼女が図書館に来ているのは、ケアマネジャーの受験勉強と言う。歳は三十代前半のようだ。

 やがて靖男は雪子をデートに誘いたい思いが湧いてきた。彼女も彼の思いを受けるように話をすることが多くなったと、靖男は受け止めた。でも、ヘタにデートに誘って、むげに断れてしまうことを恐れて言い出せない。

 先日の土曜日だった。話が弾んで靖男は何気なく誕生日のことを口にした時に、雪子は表情がみるみる和らぎ、あの魅力的な笑顔で視線を向けてきた。彼女も喜んで自分の誕生日を教えてくれた。こんなことがあったので、今日の誕生日にはプレゼントでもあるかもしれないと、朝から期待が膨らんできたのだ。

 午後、図書館にわくわくした気持ちで出かけると、雪子が先に来ていて、靖男に気付くとにこにこと近づいてきた。彼は暖かい気持ちで迎えたが、予想に反して、誕生日の「おめでとう」もプレゼントもなかった。彼は「やっぱりダメか」と、気持ちがすっかり沈んでしまった。

 帰る時間になると、帰り支度を終えた雪子が近づいてきた。彼女は靖男を見詰めて「今日は暇なんだ」とぽつりとつぶやいた。彼は「もう少しここにいます」とそっけなく答えた。それでも玄関まで送った。彼女は二、三歩進んで戻り、バッグから小包を取り出して、

「バカね、あなたは草食系よ」と言って小包を差し出した。

「え?」

「でも、いいわよ。はい、誕生日、おめでとう」とくすくす笑いだした。

靖男は小包に結わかれた赤いリボンを見詰めて、満面の笑みを浮かべた。

「待ってください。今、荷物を持ってきます。一緒に帰りましょう」

2016.7.25

« 3-2 三本榎の人々 | トップページ | 1-4 書きたいことのテーマ »

3 超短編小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3-2 三本榎の人々 | トップページ | 1-4 書きたいことのテーマ »